アジアン家具でモダンスタイル
アジアン家具の素材アジアン家具スタイルインテリアでアジアン家具アジアン家具のお手入れリンク

コラム

アジアン家具は、インドネシアやベトナムを中心とした東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られた、リゾートテイスト溢れる家具のことを言います。

アジアン家具の素材としては、竹やラタン、マホガニーなどでブラウン系のトーンが中心となっています。

アジア家具は素材そのままの持ち味がストレートに活かされているのが特徴とされています。

高温多湿の熱帯・亜熱帯気候の風土産のため、風通しのよい構造となっていて、ラフでくつろげるリラクゼーション空間を演出してくれます。

リゾート気分を味わいたいのならアジアンテイストの家具はうってつけです。

またインテリアとして捉えるなら観葉植物や照明にも気を配っておきたいモノです。

ヤシやシダ系の植物、照明はオレンジ色の電球のタイプを間接照明としてもいいでしょう。

トータルにリゾート気分を演出していきたいものですね。

リンクについて

当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

アジアン家具でモダンスタイル リンクフリー

ご意見・ご感想

アジアン家具とは?

アジアン家具とは、テーブルやソファ、ベッド、ダイニングチェアー、収納家具等を、 インドネシアやタイ、中国、ベトナムなどで作った、アジアの独特な雰囲気をもった家具のことをいいます。材質としては、チーク材やバンブーなどが主流となっています。その他にもクルミ材も使用されています。

アジアン家具やインテリア小物のようなアジアン雑貨を使うことによって、優雅な気分を自宅で味わう事が出来て、心の底からリラックス出来るところに人気が集中しているようです。それは上質なソファと変わらないほどです。その理由には、天然素材を多く使っていることにより、大切な人との大切な時間をゆっくりと過ごさせてくれるのです。

日々の疲れ心と体を癒してくれるアジアン家具は、癒しの空間を作ることによって、より快適で、よりゆとりのある生活を体感できます。アジアン家具をちりばめて美しさを兼ね揃えたお部屋作りで、スタイリッシュで機能的な暮らし、精神的にゆとりのある生活が可能です。

さて、アジアン家具は、製造現地と日本との天候の違いによって、反ったり割れたりすることもあるようです。乾燥対策の手入れは必要になってきます。日常的な手入れ方としては、硬く絞った布で乾拭きをして、時々、天然素材専用のワックスを使って磨くと耐久性もあがり、素材が持つ光沢感も増してきます。

アジアン家具は、それ本体だけで独特の存在感はあるようですが、アジアンインテリアをより彷彿させるには、バランス感覚も必要となってきます。アジアン家具やアジアン雑貨のもつ癒しの効果を最大限に活かせる部屋作りを意識しながら、グリーンと花をコーディネートするのもいいかもしれませんね。

アジアン家具の心地よさ

アジアン家具の主な素材として、バンブー、ラタン、チークなどの種類があり、多くはライトからダークまで、素材そのものに近いブラウン系のカラーが多いとされています。

アジアン家具はお部屋に一つ置いて見ただけでも今までの自分のお部屋が、リゾート地の癒し感覚を演出してくれます。天然木の温かみや手触りなど魅力です。アジアン家具の木材に由来するほのかな香りがお部屋内にリラクゼーション効果や癒し効果をもたらしてくれて、まさにロハス感覚で使用する事が出来ます。

北欧家具のように彫刻や足の形まで細かい部分に渡って作り込まれたデザインも魅力的ではありますが、アジアン家具は天然素材の良さをそのまま生かして製造されているのが特徴だと言えます。

アジアン家具はわりと個性的で、お部屋の中に一つあるだけで、お部屋の雰囲気をガラッと変えてしまう個性を持っています。それなのに周りから浮いたりせずに、むしろ積極的にとけ込んで、気軽にお部屋のインテリアのイメージを変たりなど楽しめます。

アジアン家具のサイズ

アジアン家具が日本の家庭になじみやすい理由として素材や色だけではなく、サイズにも秘密があるのです。

欧米の家具というのは、もちろん欧米人の体の大きさに合わせられて作られています。日本人を含むアジア圏の人間と欧米人とは体型、特に足の長さ、更にいうと膝下の長さが違うのです。

また、欧米人は家の中でも靴を履いたまま過ごします。足の長さと靴の高さが設計に反映されているのです。想定されて設計された欧米の家具、特に椅子を日本の家庭で使おうとすると残念ながら座面が高くて足がぶらぶらしてしまい、なんだか落ち着かない事になってしまいます。

椅子が座面が高いと、それに合わせたサイズのテーブルにも高さがあります。椅子だけだと最悪な場合、脚を切って高さを揃えるという選択もありますが、テーブルもセットだと椅子数脚とテーブル全て脚の高さを切りそろえることになってしまい、手間や工賃も考え物です。

アジアン家具ならその点、それほどイスの座面は高くないです。しっかり床に足が付くので落ち着けます。特に椅子やソファの場合、見た目だけでは選ばずに、出来れば実際に座ってみて選びたいものです。その際には展示場で恥ずかしがらずに靴を脱いで膝下の加減を良く感じてみましょう。

アジアン家具の魅力

アジアン家具の魅力は、何と言っても、そのリゾートスタイルの涼しげなデザインと、ラフで素朴な素材感だと言えます。

アジアン家具の特長は、熱帯・亜熱帯地域産のバンブー、ラタン、チークなどの天然素材で作られています。これらの素材は和室や畳などの和テイストのインテリアにもよくなじむため、日本人の感性にもあいます。

また、アジアン家具にストレートに活かされている、天然木の手触りや、ほんのりとかすかに香る自然の木の匂いなども、リラクゼーション効果を高め、リゾートテイストを醸し出し、癒してくれます。

アジアン家具が、アジアングッズや雑貨とともに、エステサロンやスパなどのインテリアに使われることが多い理由にも、そのリラクゼーション効果のためでしょう。

別の面からみたアジアン家具の魅力としては、何と言ってもその安さです。北欧家具など他の家具と比較すると、アジアン家具は激安と言ってもよい値段で売られていることが多々あるようです。

格安である一方で、アジアン家具は1品でも部屋の雰囲気をガラッと変えてしまう個性があるので、手軽にインテリアのイメージを変えて楽しめるのも、アジアン家具の魅力でしょう。

check

脱毛サロンを沖縄で申し込む

2017/7/12 更新