アジアン家具でモダンスタイル
アジアン家具の素材アジアン家具スタイルインテリアでアジアン家具アジアン家具のお手入れリンク

コラム

アジアン家具は、インドネシアやベトナムを中心とした東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られた、リゾートテイスト溢れる家具のことを言います。

アジアン家具の素材としては、竹やラタン、マホガニーなどでブラウン系のトーンが中心となっています。

アジア家具は素材そのままの持ち味がストレートに活かされているのが特徴とされています。

高温多湿の熱帯・亜熱帯気候の風土産のため、風通しのよい構造となっていて、ラフでくつろげるリラクゼーション空間を演出してくれます。

リゾート気分を味わいたいのならアジアンテイストの家具はうってつけです。

またインテリアとして捉えるなら観葉植物や照明にも気を配っておきたいモノです。

ヤシやシダ系の植物、照明はオレンジ色の電球のタイプを間接照明としてもいいでしょう。

トータルにリゾート気分を演出していきたいものですね。

リンクについて

当サイトはリンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをご利用下さい。

アジアン家具でモダンスタイル リンクフリー

ご意見・ご感想

インテリアでアジアン家具

インテリアで激安のソファやアジアン家具を使っている人も多くいますが、欧米と北欧の家具との違いはどこにあるのでしょう。

実はそれには、高さに違いがあるのです。インテリアとしてのアジアン家具は、ソファーやベット、チェストなどがローのつくりのモノが多く売られています。ソファ人気商品なので、ぜひ購入したいアイテムですが、日本人は元々、畳に布団を敷いて寝たり座ったりする習慣を昔からしてきたために、インテリア家具の方が落ち着くのではないでしょうか。

また、インテリアで使用するアジアン家具のほとんどが天然の木で作られている事が多いため、お部屋にも自然の雰囲気が作りやすくなります。カラフルでかわいらしいといった印象を受ける欧米の感じとは違って、インテリアとしてアジアン家具を使用すると落ち着いた空間を楽しむ事が出来ることも人気の一つとなっています。

インテリアとしてアジアン家具

ここ最近、飲食店や自分の部屋・会社等でもインテリアでアジアン家具を使用している所は多くなっています。飲食店では雰囲気作りの為にインテリアとしてアジアン家具のランプや間接照明がつかわれています。そして、自分の部屋には癒しの空間を作り出すために様々なインテリアをアジアン家具で揃えている方が多いでしょう。

自分の部屋や好きな空間に、インテリアとしてアジアン家具のパーテーションを置くだけでも違った空間を演出することができます。また、インテリアのアジアン家具の中でも変わったフォルムをしているローテーブル等も部屋の一角に置くとインパクトもあり素敵な部屋になるでしょう。

インテリアとしてアジアン家具は親しみやすい温か味のある家具のため、多くの人に使用され、人気が衰える事がないようです。

インテリアとして飾るアジアン家具

インテリアとしてアジアン家具を部屋に飾ると自分の部屋がリゾート地のホテルの様にも変わります。
そして、インテリアでのアジアン家具はここ最近人気が高くなってきているようです。それは、インテリアとしてのアジアン家具は大体が天然素材で作られているため、木本体の独特のツヤ等が優しい雰囲気を醸し出してくれるからでしょう。

また、インドネシア等で作られる事が多いインテリアのアジアン家具はバリ風やタイ風等の南国系の要素があるので室内に置くだけで存在感があります。インドネシアで作られているインテリアのアジアン家具は、素材にチークやマホガニー・バンブー等が使用される事が多いとされています。

特にバンブーは昔から日本人に好まれている事もあってインテリアでアジアン家具のバンブー物を置いている方は多くいることでしょう。

最適なアジアン家具

インテリアとしてアジアン家具は多くの人に愛され利用されています。中でも、インテリアでアジアン家具のランプを使用している方は多くいるでしょう。インテリアのアジアン家具でラタンで作られているランプは、穏やかな雰囲気と癒しの空間を醸し出してくれます。インテリアとしてアジアン家具のランプを置くとリゾート気分が味わうことが出来、幻想的な空間を楽しむ事が出来るのです。

また、ランプと一緒にインテリアでアジアン家具のチェスト等を飾るとより一層居心地の良い部屋作りが出来るでしょう。チェスともインテリアとしてアジアン家具を使用している人が多くいると言われているようです。インテリアで使われるアジアン家具のチェスト等は主にマホガニー無垢材等で作られている事が多いです。